富士通、55歳以上のSEに活躍の場を-職種など選択肢拡大 – 日刊工業新聞

富士通、55歳以上のSEに活躍の場を-職種など選択肢拡大


富士通は役職が外れた55歳以上のシステム技術者(SE)の活躍の場を拡大する。10月をめどに、シニアSE人材の活用を中核とする子会社3社を合併し、職種の選択肢やIターン・Uターンなど勤務先の選択肢を広げる。2017年度からサービス技術者などSE以外にも人材枠を順次拡大する。人手不足が続くIT業界の労働力の減少対策と働き方改革に向けて、シニア活用を促進する。

富士通クオリティ&ウィズダム(FJQW、東京都大田区)に地域系2社で東日本担当の富士通システムズウェブテクノロジー(東京都港区)と、西日本担当の富士通インフォテックサービス(大阪市中央区)を統合する。両社は富士通が統合した東西のシステム構築(SI)会社の傘下で、主にシニアSE活用の受け皿となっていた。

FJQWの社員数は246人。富士通での役職離任に伴い、社員数が毎年30人強増える。統合する2社も同様の仕組みとなっており、現在、シ…


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す